『一人親方労災保険』のご紹介ができるようになりました!

hitorioyakata_201609_2

建設業の一人親方を守る、国が運営を行っている保険です。

◆ 労災保険料+毎月1,000円の組合費だけなので負担が軽い!

◆ 当会からのご入会で、入会金3,000円が無料になります!

◆ 最短翌日加入、加入予定証明書は即日発行で迅速な対応!

◆ 費用は銀行振込だけではなく、便利なコンビニ支払いでもOK!

◆ 初期費用以外の保険料は銀行口座からの分割払いでもOK!

一人親方労災保険特別加入制度の概要

労災保険は労働者の仕事中の負傷・疾病・死亡等に対して保険給付を行う国の保険ですが、基本的に労働者を対象としているため、一人親方や経営者などの労働者ではない者は対象外とされています。
しかし、対象外とされた方々のうちにも、労働災害に遭う危険性は通常の労働者と変わらず、労働者に準じて保護することが適当と言える方々もいます。
そこで、これらの方々も労災補償を受けることが出来るように、特別に労災保険に任意加入が認められています。
それが労災保険の特別加入制度です。

特別加入対象者

・会社に雇用されずに、個人で仕事を請け負っている。
・特定の会社に所属しているが、その会社と雇用関係になく請負で仕事を行っている。
・グループで仕事をしているが、お互いに雇用関係はない。
・見習いをしているが、見習い先とは雇用関係にない。
・法人の代表だが、労働者は使用していない。

上記のいずれかに該当する建設業を営む一人親方及びその家族従事者が特別加入の対象者です。建設業であれば特に職種の限定はありません。

職種例

土木、建築、大工、左官、屋根、管、電気、防水、水道施設、塗装、機械器具設置、とび、内装、板金、鉄筋、解体、塗装、造園、道路、建具、水道、タイル・れんが・ブロック など

取扱団体

一般社団法人 一人親方労災保険組合

詳しくは職員にお声掛けください

tel 0465-24-2614(事業課直通)