税を考える週間 11月11日~17日(小学生の税の書道展ほか)

「小学生の税の書道展」に1万2千名超の児童が参加!

毎年11月11日~17日の一週間は、国税庁主唱の「税を考える週間」です。当会では、この期間を中心に様々な税の啓発活動を行っています。

第36回 青色申告・小学生の税の書道展

今年度も県西2市8町のたくさんの小学生が、夏休みの宿題として、税に関する言葉を課題とした書道作品制作に取り組んでくれました。

今回の参加者は12,311名。県西2市8町の児童数がおよそ16,300名ですので、実に4人に3人の児童がこの書道展に参加してくれた計算となります。

教育委員会の先生方による審査会を経て決定された入賞作品は、その一部を小田原市民会館小ホールに展示します。ぜひ、児童の力作を展示会場にてご覧ください。

小学生の税の書道展 作品展示

日時 平成29年11月25日(土)~26日(日) 9時30分~16時30分
会場 小田原市民会館 3階小ホール
展示 特選、金賞、銀賞、銅賞の作品1,311点

支部における再展示

期間 平成29年12月2日(土)~14日(木)
会場 箱根町社会教育センター
展示 箱根町内の全入賞作品
※他支部での再展示は別途お知らせ致します。

第25回 租税教室の感想文コンクール

小田原税務署の租税教室が県西地区の各高校で実施されていることを受け、同教室を受講した高校生を対象に「租税教室の感想文コンクール」を開催しています。
昨年度は1,825名の高校生が参加するなど、税の書道展と並ぶ公益事業として地域に定着しています。

税の啓発ボールペン街頭配布

県西2市8町の各地で、税の標語が入ったボールペン約1万本を当会役員が配布致します。


Related Post(こちらの記事もどうぞ):