防災のツボ:ステイホームを快適に過ごそう

感染症の拡大を防ぐために始まった「ステイホーム」。
とはいえ、自宅にこもらなきゃ…と後ろ向きになるのではなく、せっかくなら楽しく快適に、健康に過ごしたいですよね。
そんなステイホームの楽しみ方をいくつかご紹介します!

運動不足解消に「ラジオ体操」

ラジオ体操は放送開始から90年以上も親しまれ続ける、もはや伝統と言ってもいいエクササイズ。
夏休みの朝に町内で集まってラジオ体操をした方も多いのではないでしょうか。
1回3分、簡単な動きのお手軽な運動ですが、実はとても効果的な体操です。
全身のあらゆる筋肉を動かせるよう組み立てられており、約400以上の筋肉を使っているそうです。
左右均等に行うので体のゆがみや姿勢を整える効果も期待できるとか。
腹部の体幹を刺激する動きが多く、内臓の活性化も期待できるといいます。
第1は姿勢と呼吸を整える目的で「どこでも」「だれでも」行えるよう作られたもの。
第2は青年・壮年向けで、筋トレやダイエット目的に利用できる運動量です。
目的に合わせて挑戦してみてはいかがでしょう。

ラジオ体操のコツ

① 呼吸を止めない
有酸素運動が大切!意識をして呼吸をするようにしてください。
② 大げさなくらい大きな動きで
恥ずかしがらず大きく動いて、日ごろ動かさない筋肉をしっかり動かしましょう。
③ 体を動かし続ける
ゴムが弾むようなイメージで。次の動きの指示があるまで歩いたり、リズムをとったりしているとグッド。
④ 反ったり伸ばしたりは無理をしない
気持ちいいと感じる範囲で。無理すると筋を痛めるかも!
⑤ リズミカルな動きはなるべく素早く
素早い動きは歳とともに難しくなります。鍛えておくと、つまづいてもとっさに踏ん張れたり、転んだ時に受け身がとれたりとケガの防止になります。

凝った料理に挑戦!

学校給食の休止などの影響で、乳製品や玉ねぎが飽和状態になっているといいます。
いつもより1パック、いつもより1袋、多めに買って料理に使ってみてはいかがでしょう。
玉ねぎは甘みと旨味の強い美味しい出汁が出るので、デミグラスソースやラーメンスープを自作してみたり…夢が広がります。

手作りカッテージチーズ

① 牛乳1リットルを70℃程度まで弱火で温め、火を止めてレモン汁100㏄を加えて軽く混ぜます。
② しばらく待つと分離してくるので、ボウルにザル、キッチンペーパーを重ね、①を流しいれて、こします。
③ チーズの部分を別のボウルに入れ、塩ひとつまみを入れて混ぜます。
④ できあがったカッテージチーズはサラダに入れたりパンやクラッカーに乗せたり。②で分離した液体は「ホエー(乳清)」といって栄養たっぷりなので、捨てずにスープ等に使うのがおすすめ。トマトベースと相性が良いです。

お持ち帰り・お取り寄せグルメ

レストランや居酒屋等の飲食店は、持ち帰りメニューに切り替えて営業しているお店が少なくありません。
また物産展やイベントの中止により、観光地の飲食業は大打撃…。
こんな時こそ持帰りや通販のお取り寄せグルメを利用して、飲食業を応援してみては。
お家でグルメを味わって、状況が落ち着いたらここに行こう、あそこに行こうと計画するのも楽しいものです。

読書・映画・ゲームをゆっくり楽しむ!

図書館や映画館に行くこともままならない日々ですが、この機会にスマホで読める電子書籍や、動画配信サイト、ゲーム等を楽しんでみては。
電子書籍は小説、漫画、絵本、ビジネス本、専門書等様々な本がラインナップ。
動画配信サイトでは映画をはじめ、海外ドラマやアニメ、バラエティ等もりだくさん。
ゲームは体を動かせるもの、生活を楽しむもの、物語性の強いもの等様々なジャンルがあります。
時の経つのも忘れて夢中になってしまうかも。

手作りマスクを作ってみる!

マスク不足が続き、なかなか手に入らない方も多いかもしれません。
そこでこの機会に手作り布マスクを作ってみてはいかがでしょう。
お気に入りの布で作れば気分も上がるかも。
「マスク 型紙」でWEB検索すると型紙と作り方の解説サイトが多く出てきます。
縫わないでできるものもあるので、普段裁縫をしない方も挑戦できますよ。

スマホを活用して離れた家族や友人とコミュニケーション

テレワークで使われるスマホのオンライン会議用アプリを使って、離れて暮らす家族や友人と顔を見ながら話すことができます。
離れた家族と同じメニューの夕食を作って、通話しながら「オンライン食事会」。
飲み友達と通話しながらお酒やおつまみを楽しむ「オンライン飲み会」。発想次第で楽しみ方は色々です。
家だからと油断して深酒しないようにご注意を。
 


Related Post(こちらの記事もどうぞ):